何かお探しですか?
何かお探しですか?

【今オススメの4社】光回線のエトセトラ〜回線事業者とプロバイダの存在〜

2023.10.04 更新
【今オススメの4社】光回線のエトセトラ〜回線事業者とプロバイダの存在〜

この記事はPRを含みます。

光回線(光ファイバーという特殊なケーブルを用いたインターネット回線)という言葉を耳にする機会も増え、どんな回線なのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

そもそも同じ回線のWi-Fiとはどんな違いがあるのか、わかりにくいと感じているかもしれません。光回線のメリット・デメリットはもちろん、おすすめの人についてもわかりやすくご紹介していきたいと思います。

down

光回線とは?Wi-Fiと何が違うの?

光回線とは?Wi-Fiと何が違うの?

光回線は、主に“光ファイバー”を使った通信回線のことを言います。光の反射・屈折を使いデータ転送をしていきます。光回線に使われる光ファイバーは、主に石英ガラスやプラスティックで作ったケーブルのことです。光回線は有線での通信手段になりますが、Wi-Fiは電波など無線を使った通信手段になります。

場所を問わずに使えて、電波が通っている場所であればすぐに使えるのがWi-Fiの特徴です。光回線は場所こそ限定的にはなりますが、性能面で優れています。光回線とWi-Fiは、同じ通信手段ではありますがそれぞれ異なった使い方ができます。

通信回線は他にもさまざまなものがあり、持ち運びができるLANネット回線「モバイルルーター」、ケーブルテレビ事業者のネット回線「CATV」、電話回線を利用した「ADSL」など混同しやすいので、自分にはどんなものが向いているのか特徴を踏まえたうえで決めるようにしていきましょう。

関連コラム

光回線のメリット

光回線のメリット

光回線にはどんなメリットがあるのか紹介したいと思います。

  • ・光が伝わる特性をいかし通信速度が速い
  • ・スマホとセットでお得に使えることもある
  • ・光回線を使った有料のテレビサービスに加入できる
  • ・事業者によって月額料金固定で通信容量の制限がない
  • ・光電話で通話料がお得になることも

それぞれのメリットについて、詳しく紹介します。

光が伝わる特性をいかし通信速度が速い

光回線はなんといっても通信速度が速い特徴があります。有線接続になるのでWi-Fiと比べても安定性が高いのは確かなので、ネット回線を頻繁に使う人にこそ向いています。光が伝わる特性をいかした特性を利用しているため、距離や外部の影響を受けにくい仕様です。今までISDNやADSLを使っていた人にとっても、ネット回線が快適に使えると思います。

大きなデータ通信が必要なオンライン会議やゲームなども、途中で止まってしまう心配がありません。リモートワークなど在宅で仕事をする機会が増えている今、通信速度が安定していて処理速度が速い光回線は大きなメリットになります。

スマホとセットでお得に使えることもある

光回線でもスマホのキャリアが提供している場合、セット割引などのサービスが受けられることもあります。スマホや回線は欲しいと思っていても、できるだけ毎月の費用を抑えたい人も多いのではないでしょうか。どの光回線を使うのかによっても変わってきますが、スマホと合わせて使うとセット割などのお得に使えることもあると覚えておきましょう。

光回線を使った有料のテレビサービスに加入できる

事業者が提供している光回線を契約すると、有料のテレビサービスがお得に使えます。テレビアンテナを設置する必要もありませんし、好きな番組が楽しめます。電話に限らず、テレビも受信できるのでお得です。

とはいえ、アンテナで受信できるチャンネルが限られていることもあるので注意しましょう。建物の条件でアンテナを設置できないケースもありますし、外観を気にしている人にとっても有料のテレビサービスが使えるのが便利です。

事業者によって月額料金固定で通信容量の制限がない

どの事業者を使うのかによっても変わりますが、月額の料金が固定で設定されていることが多く通信容量の制限はありません。そのため、ネットを頻繁に使う人にとっても光回線であれば心配なく使えると思います。

スマホやモバイルルーターになると、通信料の制限があるので、使いすぎると速度が遅くなってしまい使いにくさを感じたこともあるのではないでしょうか。光回線をWi-Fiに使うこともできるので、通信料の節約にもつながります。

光電話で通話料がお得になることも

それぞれの事業者で提供している光回線を使った有料電話があります。光電話を使う場合、事前に契約やお金が必要になります。もともと光電話はIPを使っているため、アナログの電話料金よりも費用を抑えられるのも特徴です。

電話回線を使っている従来の電話とはサービスの内容が異なります。料金についてもパケットとして通話をしているため、距離が離れているからといって料金が高くなる心配はありません。会話する相手によっても変わりますが、通話料が安くなりやすいともいわれています。

関連コラム

光回線のデメリット

光回線のデメリット

光回線のデメリットを紹介します。

  • ・建物によって利用できないことも
  • ・開通に時間がかかり立ち合い工事が必要
  • ・契約期間があるので違約金が発生することも
  • ・自宅のみで使い持ち運びができない

それぞれ詳しく解説していきます。

建物によって利用できないことも

光回線はどの建物でも設置できるわけではありません。建物の構造によって利用できないこともあります。また、お住いの地域が光回線を使えるかどうかも事前に確認しておきましょう。光回線を希望しても、提供エリアでない限りは利用できないので注意してください。

提供エリアかどうかは契約する事業者によっても変わってきますので、ホームページから確認するようにしましょう。他にも光回線を引く場合、電信柱より家まで引けるかどうかによっても変わってきます。障害物があると引き込めなくなってしまい利用できなくなることも考えられます。光回線が使えるかどうか必ず確認しておきましょう。

開通に時間がかかり立ち合い工事が必要

光回線は導入時に工事が必要になることです。必ずではないのですが、あなたの家に光回線が整備されているかどうか、今も使えるかどうかによっても変わってきます。今まで光回線を使ったことのない人は、立ち合いの工事が必要になります。

あなたがお住いの家で以前の住人が光回線を使っている場合、工事が不要なケースもあります。立ち合い工事をするかどうかは、まずは事前に確認しておくと安心です。開通させたいと思っても時間がかかり、立地調査や日程調整を行い、早くても2週間程度の時間がかかります。

引っ越しシーズンは混雑しているため回線工事が混み合いなかなか進まないこともあります。特に土日を希望している場合は、時間に余裕をもって回線工事をしておきましょう。

契約期間があるので違約金が発生することも

光回線は、基本的に契約期間がしっかりと決められているのも特徴です。そもそも開通に工事が必要になるため、別の通信回線に乗り換えるにしても、撤去するための費用がかかります。光回線工事業者にとっても、頻繁に乗り換えられてしまうと困るので契約期間を決めて、一定の期間を使ってもらえるようにしています。

契約期間よりも前に解約してしまうと乗り換え時に違約金がかかってしまうこともあります。光回線は一定の期間を使う人向けの通信回線です。違約金のリスクも考えて、契約を決めるようにしましょう。

自宅のみで使い持ち運びができない

光回線はモバイルルーターのような持ち運びはできません。光回線を引いた建物内で使用するものになるので、外で使えない分制限があると感じてしまうことも。移動先で回線を使いたい人にとってはモバイルルーターのほうが向いていると思います。自宅で使う通信回線を探している人に、光回線は最適です。

関連コラム

光回線はこんな人におすすめ

光回線はこんな人におすすめ

光回線を使うかどうか迷っている人もいるのではないでしょうか。Wi-Fiやモバイルルーター、ホームルーターなど種類もあります。そのなかで光回線の利用をおすすめしたい人について、説明していきます。光回線だからこそおすすめしたい人がいます。

  • ・自宅で仕事をしていてオンラインを使う人
  • ・複数のネットを使うため速度が遅くなりやすい人
  • ・持ち家で引っ越しする機会が少ない人

自宅で仕事をしていてオンラインを使う人

リモートワークが増えている今、自宅で仕事をする人も多いのではないでしょうか。例えばネット回線をつなぎオンライン会議や通話をすることもあると思います。サービスによっても変わってくるのですが、一つの指針としては4Mbps程度の速度を確保しておきましょう。

あくまでもベストの数字を記載している通信回線も多いので、スムーズに使えないこともあります。途中で通信が途絶えてしまうこともありますし。オンラインで仕事をしている人にとって、回線が安定しているかどうかが信頼にもつながると思います。不快感を極力与えないためにも光回線にしておき、通信速度の安定を重視していきましょう。

複数のネットを使うため速度が遅くなりやすい人

自宅で複数のネット回線を使っている人もいると思います。家族でそれぞれスマホを使っているケースやパソコンやネットTVなど同時に使うと通信速度が遅くなってしまうのが、気になっている人もいるかもしれません。単体の回線であれば速度が遅くなることはありませんが、ネット回線が多くなると影響が出やすくなってしまいます。もともと光回線は通信速度が速いこと、大容量のデータのやり取りにも最適です。自宅でオンラインゲームをしている人にとっても、たくさんのデータを使う機会が増えているのではないでしょうか。動画コンテンツを見る機会の多い人にも、光回線があると便利です。

持ち家で引っ越しする機会が少ない人

光回線は工事が必要になるため、賃貸で頻繁に引っ越しや出張をしている人には向きません。そのため、持ち家など長く住む予定のある人や住んでいる人のほうが向いています。引っ越しすることがなく、工事の負担も少なくなります。光回線は一つの部屋に限らず、複数の部屋にある通信にも対応しています。戸建てや分譲マンションで広い範囲のネット回線を安定的に使いたい人にも工事などの負担がなく使えると思います。

関連コラム

光回線は回線事業者とプロバイダの両方と契約が必須

光回線は回線事業者とプロバイダの両方と契約が必須

光回線は、回線を提供している事業者とプロバイダの両方で契約の必要があります。光回線の提供エリアかどうか「東日本」「西日本」によって、確認方法が変わってきます。

また、光回線を提供しているプロバイダとの契約も必要になります。どの業者とどんな契約するのかによってキャンペーンや割引なども変わってきます。解約する際の違約金の違いもあるため、どこと契約するのがお得なのか下調べをしっかりとしておきましょう。

関連コラム

光回線にはどんな種類があるの?

光回線にはどんな種類があるの?

光回線の場合、いくつか種類があります。設置方法の違いもありますし、専用のアプリにはどんな種類があるのかも変わってきます。光回線の種類について解説します。

  • ・ニューロ光
  • ・KDDI auひかり
  • ・ソフトバンク光
  • ・フレッツ光

ニューロ光

ソフトバンク系列の「NURO光」は、顧客満足度No1のネット回線としても知られています。100万回回線を突破していること、家族でネット回線を使う人にとっても向いています。

ライフスタイルに合わせた契約年数を選択できるので、3年契約もしくは2年契約から選択できます。開通までの期間もレンタルWi-Fiが使えるので時間がかかっても不便さがありません。速度も速く安定的に使える光回線です。

KDDI auひかり

「KDDI auひかり」は、月額料金の負担が4180円~(マンション)と手ごろなものになり、負担が少なく始められるのも特徴です。1Gbpsの高速回線を実演すること、5Gbpsや10Gbpsなどの超高速サービスにも対応しています。

使い放題の回線になるので、スマホのGBの節約にも最適です。Ipv6の利用が無料でできるので、混雑しているときも速度が遅くなる心配もありません。安定した速度を維持しているのもKDDI auひかりの特徴です。

ソフトバンク光

光回線の工事には時間がかかってしまうパターンがありますよね。そういった場合も無料でその間(工事の期間)ポケットWi-Fiをレンタルできるので心強い!もちろんキャッシュバックをおこなっていることも多々(プロバイダにより異なる)ありますので、お得感が高めだと思います。

更にスマホとのセット割引を活用すれ毎月がディスカウントです。ちなみに回線工事費用も0円から(設置場所により異なる)なので、その辺も助かっちゃいますよね〜。

楽天ひかり

楽天圏で暮らされている方なら光回線は「楽天ひかり」がお得でございます。ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、なんてたってSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象となっている為、楽天市場などでの買い物時にポイントの還元率がUPしますよね。

そして何よりもここがポイント!スマホとセット契約すると、光回線がなんと1年目は無料なんです!0円ってことですよ!これは凄まじいですよね?集合住宅でも戸建でも1年目はタダで使えちゃうんです。

関連コラム

まとめ

光回線は高速通信が期待でき、安定しているのでネットの不便さを感じることもないと思います。工事が必要になるので自宅メインで使えるネット回線を希望している人にも最適です。自宅に光回線が通りWi-Fiが使えればスマホの節約にもつながります。通信容量の制限もなく使い放題で楽しめること、ご家族で複数のネット回線が必要なご自宅にも向いています。光回線はどこのプロバイダを使うかによっても変わりますので、しっかりと比較しながら決めていきましょう。

関連コラム

WiMAX 格安プロバイダ

置くだけWi-Fi(工事不要)

おすすめの光回線(ひかり)

上へ