何かお探しですか?
何かお探しですか?

5G対応ホームルーター「ドコモ HOME 5G」のメリット・デメリット

2022.09.28 更新
5G対応ホームルーター「ドコモ HOME 5G」のメリット・デメリット

ドコモ HOME 5Gについてこのようなお悩みはありませんか?

「そもそもドコモ HOME 5Gとは?」

「ドコモ HOME 5Gのメリット・デメリットは?」

本記事では、ドコモ HOME 5Gのメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

down

ドコモ HOME 5Gとは?

ドコモ HOME 5Gとは?

「ドコモ HOME 5G」は、2021年8月にdocomoから発売された5G回線に対応している工事不要のホームルーターです。

ソフトバンクエアーやワイマックスなどの競合商品に比べて遅れての発売となりましたが、その機能や性能は非常に優れており、docomoユーザーであればさらにお得に使用することができますので、まさにdocomoユーザー待望のホームルーターとなっています。

ドコモ HOME 5Gの基本スペックは下記の通りです。

  • 月額料金(税込)
    4,950円
  • 初期費用(税込)
    3,300円
  • 端末料金(税込)
    39,600円 ※3年契約で無料
  • 通信速度
    5G対応・最大1.2Gbps
  • 通信制限
    無制限
  • 対応エリア
    ドコモ5G+4G LTE
  • 使用端末
    home 5G HR

ドコモ HOME 5Gのメリット

ドコモ HOME 5Gのメリット

ドコモ HOME 5Gを使用するメリットは下記の5つです。

  • ・コンセントに挿すだけで使用できる
  • ・ドコモ5Gの高速回線に対応している
  • ・データ無制限で使用することができる
  • ・ハイスペックなホームルーターを実質無料で使用できる
  • ・契約期間の縛りがなくいつでも解約できる

それぞれのメリットについて詳しくご紹介していきます。

コンセントに挿すだけで使用できる

ドコモ HOME 5Gは、光回線のような固定回線ではありませんので開通工事をする必要がなく、ホームルーターが届いた段階で自宅のコンセントに挿すだけですぐに使用することが可能です。

光回線を自宅に引くとなると、回線工事に1週間から数ヶ月かかる場合が多いので、回線工事が完了するまでの期間はWi-Fiが使用できなく、その間にモバイル通信をしてしまうとすぐに速度制限にかかってしまったり、容量の大きい動画などを視聴できないなど多くのストレスを感じてしまう原因になってしまいます。

しかし、ドコモ HOME 5Gであればすぐに高速回線のWi-Fiを使用することができますので、インターネットが使用できない期間も発生せず、ストレスを感じずに新たなWi-Fiを使用することができるのです。

ドコモ5Gの高速回線に対応している

ドコモ HOME 5Gはdocomoのモバイル回線を使用したホームルーターですので、次世代の高速通信規格である5Gを使用することができます。

今までのモバイル回線は4G LTEが主流でしたので、工事不要のホームルーターであっても4G LTEの回線を使用していましたが、ドコモ HOME 5Gでは5Gの回線に対応していますので、今での通信スピードよりも劇的に早いスピードでの通信を実現しているのです。

5Gの回線スピードは、最大受信速度4.2Gbps(Wi-Fiの最大伝送速度は1201Mbps)となっており、下り速度だけでいえば光回線にも匹敵するスピードを誇っており、工事不要のホームルーターの中ではトップクラスの通信速度となります。

データ無制限で使用することができる

ドコモ HOME 5Gでは、いくらデータ通信を行っても無制限で使用することができます。

一部のポケットWi-Fiやモバイルでのデータ通信では、データ通信をしすぎてしまうと通信制限にかかってしまい、本来のスピードでデータ通信が行えずに大きなストレスを感じてしまう原因になりますが、ドコモ HOME 5Gであればその心配は必要ありません。

ただ、docomoの公式サイトでは下記のようにも記載されていますので注意しましょう。

”ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。”(引用:NTTドコモより)

ただ、実際に速度制限にかかったという声はなく、一般的にスマホやパソコンなどでデータ通信を使用する場合であれば問題ないと思っていて間違いないでしょう。

ハイスペックなホームルーターを実質無料で使用できる

ドコモ HOME 5Gでは、「home 5G HR」という高性能のホームルーターを使用します。

このホームルーターは最新の通信規格であるWi-Fi6(IEEE102.11ax)に対応しており、さらに最大受信速度は5G:4.2Gbps 4G LTE:1.7Gbpsと現状販売されているホームルーターの中ではトップクラスの性能を誇っているのです。

また、ドコモ HOME 5Gを利用することで、高い性能を持っている「home 5G HR」の本来の価格である39,600円が3年契約をすることで実質無料で使用することができます。

つまり、ドコモ HOME 5Gを利用することで現状のホームルーターのトップクラスの性能を体感することが可能になるのです。

契約期間の縛りがなくいつでも解約できる

ドコモ HOME 5Gのプランには契約期間の縛りが存在しないので、いつどのタイミングで解約しても違約金が発生することはありません。

ホームルーターやインターネット回線では2年縛りや3年縛りなどで契約期間が縛られており、自分で解約手続きをしない限りは自動更新されてしまいますので、タイミングを逃すと解約するために違約金がかかってしまって損をしてしまうことも多いです。

ただ、ドコモ HOME 5Gであれば契約期間の縛りがないので、短期間の利用や急な解約にも対応することができて安心できます。

ただ、先ほどもお伝えしたように、解約時にhome 5G HRの割賦料金が残っている場合は、解約後に残っている割賦料金に対しての割引が適用されないので注意しましょう。

ドコモ HOME 5Gのデメリット

ドコモ HOME 5Gのデメリット

ドコモ HOME 5Gのデメリットは下記の2つです。

  • ・5Gを使用できるエリアが限定的
  • ・上り速度は光回線に劣る

それぞれのデメリットについて詳しくご紹介していきます。

5Gを使用できるエリアが限定的

ドコモ HOME 5Gの高速回線を実現している5Gですが、都市部を中心に提供がされているため、まだまだ利用できる地域は限られているのです。

ですので、ドコモ HOME 5Gが5G回線を受信できる地域であれば5Gの高速回線を使用することができますが、もし5G回線を受信できない地域で利用する場合は、4GLTE回線に接続されてしまいます。

ご自身の地域が5G回線を受信できる地域かどうかは、下記のdocomo公式のサービスエリアマップをかならずご確認ください。

サービスエリアマップ

上り速度は光回線に劣る

先ほどお伝えしたように、ドコモ HOME 5Gの下り速度は光回線にも匹敵する速度ですが、上り速度に関しては光回線よりも大きく劣ってしまいます。

ただ、上り速度は、インターネット上へのアップロードなどにかかる速度ですので、一般的にインターネットを使用するだけであれば重要視されません。

スマホやパソコンから、YouTube上に動画をアップロードする方や、仕事などで大きなデータを送信する可能性がある方を除いて心配は不要でしょう。

まとめ

本記事では、ドコモ HOME 5Gのメリットとデメリットについてご紹介していきました。

ドコモ HOME 5Gは工事不要のホームルーターの中ではトップクラスの性能を誇っていますので、工事不要でWi-Fiを使用したいという方はぜひチェックしてみてください。

ただ、5Gに対応していない地域で使用する場合は、ドコモ HOME 5G本来の通信速度を体感できない場合がありますすので、5G対応地域をしっかりと確認しましょう。

定番のWiMAX一覧

置くだけWi-Fi(工事不要)

上へ